【公式】日本戸建賃貸株式会社|戸建投資ナビ

0120-125-155 受付時間 10:00~17:00(土日祝を除く)

総合お問い合わせ

コラム

TOPページ » コラム »  お正月の飾りつけ「門松って何で竹が斜めなの?」

 お正月の飾りつけ「門松って何で竹が斜めなの?」

2021.01.09

「ゆとりのある生活を送りたい」のコラムはお休みし、今回はお正月に目にした

ちょっと気になった「少しだけ知って得する雑学」をご案内します。

皆さん知っていますか?門松の竹が斜めに切ってあるのはなぜでしょうか?を

近年、自宅玄関先に飾ってある「門松」を見かけることが少なくまってきましたが、

このお正月の散歩中に個人宅玄関先に門松を飾ってあるのを見かけました。そこで思わず、お正月だな~と呟き

今年は早く「新型コロナ」がなくなりますようにと願いながら、しばらく「門松」を見つめてしまいました。

さて、なんで門松の竹が斜めに切ってあるのか。。。切り方には2種類あり「斜めに切ることを;そぎ;」

「平らに切ることを;寸胴」と言うそうです。

 

一説によると、徳川家康が武田信玄に「三方ケ原の戦い」で敗北した。ある大晦日に

武田家から松平家(後の徳川家)に一通の文が送られてきて、その書かれていた内容は

「松枯れて、竹類なき明日がない」と書かれていたそうです。(松は松平家を意味し、竹は武田家を指して表現)

これを詠んだ松平家は、憎き武田家に対して次のような内容の文で返信。

「松枯れで、武田首なき明日がない」とても驚きの怪文章です。

松平家では、こう詠みながら竹の上部を斜めに切り落としたと言います。

そして、江戸幕府を開幕した「徳川家康」は、正月の門松の竹はずっと斜めに切っていたことが

今の時代に受け継がれ、この型の門松が定着したと言われています。

 

一方で商売人の考え方は大きく違っていて

竹の切り口を斜めにきると、その切り口が「笑口」ににているところから

笑う門には福来る「笑門来福」といわれて、縁起ものとして、竹の切り口を斜めにしたものを

正月の門松にしたと言われています。

 

次回、またお会いしましょう。

 


【公式】戸建賃貸投資物件サイト|戸建投資ナビ
戸建賃貸に特化した投資物件サイト『戸建投資ナビ』では、
全国の高利回り優良物件を多数掲載。
収益物件検索や、投資に役立つコンテンツも満載。
プロが吟味して選んだ厳選物件を適正価格で販売しています。
低リスクで資産を生む新しい戸建賃貸経営の形がここにあります。

 

 

 

 


ページトップ

戸建賃貸経営に関するご相談・サポートはこちら

総合お問い合わせ

0120-125-155 受付時間 10:00~17:00(土日祝を除く)

メールでのお問い合わせはこちら