【公式】日本戸建賃貸株式会社|戸建投資ナビ

0120-125-155 受付時間 10:00~17:00(土日祝を除く)

総合お問い合わせ

コラム

TOPページ » コラム » 寝室はどこの部屋にするの?

寝室はどこの部屋にするの?

2021.01.22

こんにちは!

冗談の言えないポーカーフェイスです!

 

今年に入って香川県高松市は暑かったり、寒かったりで大忙しですが、元気に営業しております!

皆様も体調に気を付けてくださいね!

 

さて、今回のコラムは『寝室はどこにするべき?』についてお話していきたいと思います。

 

寝室をどの部屋にするのか悩んだ経験がある方は多いはず!

風水・利便性・近隣の状態など悩む理由に事欠きません。

 

それでは弊社の間取りを例に挙げてみたいと思います。

 

日本戸建賃貸の寝室メリット・デメリット

 

その1

 

Aタイプ南入り北側6.0帖

メリット・・・ウォークインクローゼットがついている為、寝室で着替えることが可能となり朝日が入りにくいため暗い部屋になりゆっくりと落ち着いて睡眠をとることができる。

 

デメリット・・・北側なので日差しが入りにくく、湿気がある為こまめな掃除が必要になる。

 

 

その2

Aタイプ南入り西側5.6帖

 

メリット・・・西側部屋は基本的に西日が強いため書斎・個人部屋にはあまり向きませんが寝室なら夜から朝までが主に使用している時間帯なので日差しは気になりません。

 

デメリット・・・部屋が南北に長いためベッドの設置する場所が限られてきます。

 

その3

Aタイプ南入り南側4.2帖

 

メリット・・・常に日が差し込む部屋の為、朝は日の光で目が覚める。

 

デメリット・・・バルコニーがある為ベッドの設置場所が限られる。

 

 

 

ちなみに戸建賃貸の北側の部屋はLow-Eサッシを採用している為、遮熱を確保しています。

結論として寝室はある程度の広さがあれば問題なく選択できますが好みに合わせて考えていきましょう。

 

 

普通の戸建賃貸では考えられないクオリティの賃貸事業を始めませんか?

全国の投資家の皆様のお問い合わせをお待ちしております。


【公式】戸建賃貸投資物件サイト|戸建投資ナビ
戸建賃貸に特化した投資物件サイト『戸建投資ナビ』では、
全国の高利回り優良物件を多数掲載。
収益物件検索や、投資に役立つコンテンツも満載。
プロが吟味して選んだ厳選物件を適正価格で販売しています。
低リスクで資産を生む新しい戸建賃貸経営の形がここにあります。

 


ページトップ

戸建賃貸経営に関するご相談・サポートはこちら

総合お問い合わせ

0120-125-155 受付時間 10:00~17:00(土日祝を除く)

メールでのお問い合わせはこちら