【公式】日本戸建賃貸株式会社|戸建投資ナビ

0120-125-155 受付時間 10:00~17:00(土日祝を除く)

総合お問い合わせ

戸建賃貸経営のメリット

戸建賃貸経営のメリット

戸建賃貸は投資効率の高い不動産投資です。
土地活用はどの方法を採用するにしても、それぞれにメリット、デメリットがありますが、 戸建貸家は総合的にバランスのとれた活用方法と言うことができるでしょう。 戸建貸家は、今まで有効活用を諦めていた土地にも適用できる手法として、注目されつつあります。

需要が高く、空室リスクが低い

需要が高く、空室リスクが低い

需要が高く、空室リスクが低い
日本では、マンションやアパートより一戸建てに住みたいと考えている人が70%以上います。しかし賃貸市場では入居者が戸建住宅を求めていても、共同住宅と比べて戸建賃貸の供給量が圧倒的に不足しているのが現状です。
また、マンションやアパートは供給過多となり家賃収入の下落や空室率の増加が問題となっています。一方で戸建賃貸市場では、入居者ニーズが高いにも関わらず供給量が少ないため空室になってもすぐ満室となり、需要が高まっています。

※資料/国土交通省「土地問題に関する国民の意識調査」平成28年度版より

初期投資が少なく早期回収が可能

初期投資が少なく早期回収が可能

初期投資が少なく早期回収が可能
アパートやマンション経営に比べて戸建賃貸は建設費用が低く、比較的低コストで始めることができます。20坪の敷地からでもスタートできる戸建賃貸は、アパートやマンションの建設費用の1/10程度で終わります。

安定した利回り

安定した利回り

供給が不足しているため多少立地が悪くても借り手がつき、家賃を2~3割高くできる可能性があるため高利回りを期待できます。また入居期間はアパートやマンションと比べて長く、高い収益を見込めます。

安定した利回り

安定した利回り

安定した利回り

安定した利回り

安定した利回り

※当シミュレーションは、不動産投資に関する試算を参考資料としてご提示するものです。実際の収支額は諸条件によって異なります。

狭小地・変形地でも対応可能

狭小地・変形地でも対応可能

狭小地・変形地でも対応可能
狭小地・変形地の場合、マンションやアパートだとデッドスペースが生じやすく、土地をフル活用できません。しかし戸建だと建物が1棟1棟独立しているため、土地の形に合わせて効率的に建物を配置することができ、高い土地活用効率を実現できます。

節税・相続税対策に効果的

節税・相続税対策に効果的

所有の土地に戸建賃貸を建設することで、更地よりも評価額が低くなります。また、戸建賃貸は土地・建物ごとに分割可能なため、相続処理を円滑に行うことができます。

節税対策

所有の土地に戸建賃貸を建設することで、貸家建付地や住宅用地、小規模住宅用地としての評価を受けることが可能です。更地よりも評価が低くなるため、固定資産税は6分の1、都市計画税は3分の1まで軽減されます。

狭小地・変形地でも対応可能
相続税対策
所有の土地に戸建賃貸を建設し賃貸することで、土地の評価は更地評価に比べ21%評価減となります。また、建物は建築価格のおよそ58%評価減が可能です。例えば更地の土地(評価額1億円)に、1億円の戸建賃貸7棟を全額ローンで建てた場合に、7,900万円の評価減が可能です。税率が50%の場合には 3,950万円の節税効果が生まれます。

ページトップ

戸建賃貸経営に関するご相談・サポートはこちら

総合お問い合わせ

0120-125-155 受付時間 10:00~17:00(土日祝を除く)

メールでのお問い合わせはこちら