【公式】日本戸建賃貸株式会社|戸建投資ナビ

0120-125-155 受付時間 10:00~17:00(土日祝を除く)

総合お問い合わせ

戸建賃貸講座(初級編)

TOPページ » 戸建賃貸講座 » 初級編 » 戸建賃貸講座【初級編】1-⑤事業開始後の修繕費はいくらかかるの?【20~30年】

戸建賃貸講座【初級編】1-⑤事業開始後の修繕費はいくらかかるの?【20~30年】

2020.11.10

おはようございます!

日本戸建賃貸株式会社 冗談が言えないポーカーフェイスです。

今回も、前回のおさらいから初めていきましょう。

【前回のおさらい】

Q:戸建賃貸講座【入門編】1-④『狭小地・変形地』でも有効活用が可能なのか!?

A:成型地・不整形地どちらも限らず、人が住めない。住む需要が無い。間取のボーダーラインがあります。

※●間口2,900mm●奥行き7,000mm間口がかなり細い場合は奥行きが必要になります。

地方入居需要にて間口の細さ限界は、このラインになります。【これ以上の寸法がある敷地であれば、全て建築可能です。】

※駐車場必須エリアは駐車場用地必須。これが答えになると思います。

とのことでした。

人が住める間取りの最低ラインとして●間口2,900mm●奥行き7,000mmとなっています!

これより小さい部屋は住めないと言うことですね。

前回のおさらいはこのぐらいにして今回の質問のはこちら!⇒Q:『事業開始後の修繕費はいくらかかるの?【20~30年】』です。

 

   

                                 〈図-①〉

 

まず、【アパート・マンション】【戸建賃貸】の修繕費について比較していきます。

〈図-①〉を見ていきましょう。国交省のデータによれば、住宅(戸建)の修繕(リフォーム)割合を見てみると80%が500万未満その内50%弱が100万円未満であると記載されています。それに対し、大手企業の共同住宅では平均4,000万円が必要です。

つまり、戸建の方が共同住宅より圧倒的に安価(戸数に依存しますが)で修繕できているという事です。

では、Q:「事業開始後の修繕費はいくらかかるの?【20~30年】』

賃貸投資といえばアパート・マンション(共同住宅)戸建賃貸とありますが、20~30年間以上の経営を行っていきます。

建物は15~20年ほどで修繕が必要となってきますのでは相場として1年間に建築費の0.6%を修繕費として貯蓄しています。

では、戸建賃貸の修繕費も相場通りの金額を積み立てればよいのでしょうか?

部長!ご回答宜しくお願い致します。


【公式】戸建賃貸投資物件サイト|戸建投資ナビ
戸建賃貸に特化した投資物件サイト『戸建投資ナビ』では、
全国の高利回り優良物件を多数掲載。
収益物件検索や、投資に役立つコンテンツも満載。
プロが吟味して選んだ厳選物件を適正価格で販売しています。
低リスクで資産を生む新しい戸建賃貸経営の形がここにあります。


ページトップ

戸建賃貸経営に関するご相談・サポートはこちら

総合お問い合わせ

0120-125-155 受付時間 10:00~17:00(土日祝を除く)

メールでのお問い合わせはこちら