【公式】日本戸建賃貸株式会社|戸建投資ナビ

0120-125-155 受付時間 10:00~17:00(土日祝を除く)

総合お問い合わせ

戸建賃貸講座(初級編)

TOPページ » 戸建賃貸講座 » 初級編 » 用語集【不動産でよく使う単位 初級編①】

用語集【不動産でよく使う単位 初級編①】

2020.11.07

こんにちは!
日本戸建賃貸株式会社 ピュア・ホワイトです!


今回は、これまでのコラムで内容が深くなり、難しい単語や言葉・専門用語が増えてきて

わかる方にはわかるけど、、、。

何も知らない方にはわかりずらいかなと思い
専門用語解説を挟むことに致しました。

 

用語解説 第一回は、【不動産でよく使う単位 初級編①】です!

 

不動産=土地or建物です。

土地or建物の見方は、大きさです。
今回は色々な広さの単位の解説です。

 

●よく使う・聞いたことがある・見たことがある単位の関係性が、上記の表にてわかると思います。

 

次に上記表の単位が使われる項目です。

■1坪(つぼ)   
3.3057㎡(平方メートル) 土地・建物全般に使われる単位。


■1帖(じょう)   
1.6m×1.6m畳1枚分    部屋・室内全般に使われる単位。


■㎡(へいほうメートル)
1M×1M=㎡(平方メートル) 土地・建物・部屋・屋内全般に使われる単位。坪・帖表記と同表記にて存在する。


■a(アール)         
10M×10M=a(アール)          1a(アール)=100㎡ 


■ha(ヘクタール ) 
1a×100=ha(ヘクタール)        1a(アール)の100倍=10,000㎡ 

 

水田・畑など農地に利用する単位。


■歩(ぶ)

3.3057㎡     1歩(ぶ)=1坪(坪)  

 

■畝(せ)

1歩(ぶ)×30   1歩(ぶ)=1a(アール) 約10M×10M 99.174㎡

 

■反(たん)

1畝(せ)×10   1反(たん)=約300坪  約10M×100M 991.74㎡

 

■町(ちょう)

1反(たん)×10  1町=約1ヘクタール    約100M×100M 9917.4㎡

 

となります。他に長さの単位等ありますがメジャーな単位はこのぐらいです。

 

 

Q.次に下記の間取りを使用して延床面積は何㎡になるのか坪面積はどうなるのか計算してみましょう。

 

まず1階の面積を求めます。
縦5505.5㎜×横5460㎜=30.06㎡
縦3685.5㎜×横2730㎜=10.06㎡
30.06㎡+10.06㎡=40.12㎡です。

2階はバルコニーが面積に含まれておりませんので

縦5505.5㎜×横5460㎜=30.06㎡となり

A.1階40.12㎡+2階30.06㎡=延床面積70.18㎡になります。

 

Q.次は坪面積です。

A.1坪=3.3㎡ですので延床面積70.18㎡÷3.3㎡=21.26坪になります。

上記の間取りは延床面積70.18㎡坪面積21.26坪となりました。

簡単に言うと㎡面積は坪面積の約3倍ということです。

これさえわかれば、どちらかの表記があるとイメージつきやすいですね。

 

今回は【不動産でよく使う単位 初級編】をおこないました。

コラムが進んでいきこのような用語解説も増えていきます。

次回はどのような題材か?

隣にいる面白くないポーカーフェイスに期待します。(笑)

 

では、次回。


【公式】戸建賃貸投資物件サイト|戸建投資ナビ

戸建賃貸に特化した投資物件サイト『戸建投資ナビ』では、全国の高利回り優良物件を多数掲載。
収益物件検索や、投資に役立つコンテンツも満載。
プロが吟味して選んだ厳選物件を適正価格で販売しています。
低リスクで資産を生む新しい戸建賃貸経営の形がここにあります。

 

 


ページトップ

戸建賃貸経営に関するご相談・サポートはこちら

総合お問い合わせ

0120-125-155 受付時間 10:00~17:00(土日祝を除く)

メールでのお問い合わせはこちら